ロゲインで自信をつける!ミノキシジルでモテる髪の毛

ロゲインとリアップ

ミノキシジルは血管拡張剤として研究されていた成分です。
しかしその研究過程において使用者が多毛症を訴えたことから発毛剤としての価値を見出しました。その後始めて発売されたの発毛剤がロゲインです。

この薬はは海外の医薬品になりますので購入は個人輸入店を利用して行うことになります。
ネットショップのように出店している個人輸入店は普通の通販のように利用が可能です。便利な買い物の方法として利用していけるので是非購入の際には検討してみてください。
日本で販売している発毛剤にはリアップがあります。これも成分は同様にミノキシジルを配合しており、血行促進により発毛を促す効果を持っています。このリアップはロゲインを参考に日本で発売するために作られた商品です。効果に違いは殆ど無く、日本での認可を受けているかどうかが違っているくらいだと言ってもいいくらいだと思います。
そのためこの2つの薬を比べた時に気になってくる点というのが価格です。

殆ど同じ効果を得られているのなら安く収まるほうがいいでしょう。
特にこの治療薬を使っての治療は継続していくことが重要で少なくとも半年、出来れば年単位でずっと継続していくことで頭皮環境をより正常にしていくことが出来ます。
そのため薬の価格がコストパフォーマンスに直結しており、その価格が低いほどに負担は軽減されていくことになります。
お店や販売する箇所によって価格は変化するので一概には言えませんが、リアップの価格は量あたりの単価で見るとロゲインの倍ほどの価格になっています。これは継続利用していくにはかなりの価格差になってくると思います。
またミノキシジルと同じように有名なプロペシアにもフィンペシアと言うジェネリックがあります。 薄毛治療は初めてすぐに効果が出るものではなく最低でも半年は必要になります。上記でもお話したように継続的な使用であればやはり経済的な面でも膨れ上がる為、フィンペシアなどのジェネリック医薬品を使用した方がメリットがあると言えます。

海外の商品は比較的価格が安くて済むことが多く、この薬に関しても例に漏れません。
また個人輸入店は値引き制度が充実しているお店も多く、一括で購入していると単価の価格をかなり安くすることも可能となっています。
そういった点を踏まえても、個人輸入店を利用していくのは非常に有効な治療薬の購入方法だと思います。
ドラッグストアなどでは育毛剤としてシャンプーなどが販売されていますが、より高い効果を期待するべく使用するのなら発毛剤のほうが優れています。
物によっては併用することで相乗効果を狙えるものもあるかもしれません。
医師と相談も行っていきながら使うものを選定していき、育毛剤や発毛剤、その他毛髪のための栄養の摂取や生活を心がけて総合的に治療を施して、元気な毛髪を取り戻す手段としましょう。

プロペシアの効果や使用方法について調べる